ときの忘れもの

先週、私が寝込んでしまったため、仕事が押し気味です。。それにしても、寒い日が続いていますね。

アンティーク&ブロカント目白、黒白展の出品物も全体像が見え始めています。

関東方面の方々へ、催事のご案内を出し、荷造りや発想、そして撮影と宣伝。

店を開ければ、ふらりと誰かが訪ねてくれます。こんな極寒の中、ありがとうございます。

時々、こんな素敵で楽しい絵手紙をくれる方がいます。先日も、お礼のお返事を出したら早速店まで来てくださいました。

メールでの返事は簡単ですが、直筆に込められたものは特別ですね。

親戚友人だけでなく、お客様からも年賀状をいただいたりしています。寝込んだ事でお返事が出せないまま、催事に突入してしまいそう。ごめんなさい。。

何かのタイミングで、お便りできたら…と思っています。寒い日々、くれぐれもご自愛くださいね。

広告
ときの忘れもの

洋の古いもの

アンティーク&ブロカント目白

2018.2.3/2.4

ギャラリー FUURO

中世から18世紀までのものを主として…

なかなかそのような古いものは集まりませんが、頑張っています!

古さにこだわりながらも、古いだけではない、魅力のあるものを探さなくてはなりませんから…さぁ大変です!

本田のblogでは、出品物をご紹介していきますのでご覧ください→

会期が重なる横浜のこくびゃく展では、和洋織り交ぜの古物をお届けします。

どちらもご覧頂けましたら幸いです。

洋の古いもの

小旅 2

今回の中休みでは、大阪へ納品と仕入れ、そして愛媛に滞在して広島と四国岡山仕入れが目的でした。

広島へは陶芸家 寒川義雄さんの新しい工房へ訪ね、今冬の個展打ち合わせを。薪窯から出したばかりの焼き物を物色し、本田での個展用にといくつか選びました。新作もたくさん増えていて、とても楽しみです。お客様も楽しみでしょう。待っていてくださいね。

私が、寒川さんのオーバル皿が見たいの一言で実現した作品。限定のオーバルも様々並びます!

そしてもう一つの目的は、カフェドハナエで開催された細川亜衣さんのお料理会。主人にわがまま言って、連れてきてもらったんです。

寒川さんの器と、広島の食材。

即興ライブのような料理。

私はというと、その後ちょっとハプニングがあったのですが、そんなこともあるさ、と今は言える元気を取り戻しました。。

今日、横浜から刷り上がったこくびゃく展のDMも届きました。

和紙への印刷もいい感じです。

そうなのです。こくびゃく展も、アンティーク&ブロカント目白も、もうすぐそこへ迫って来ています!!ぼーっとはしていられません。

アンティーク&ブロカント目白は、本格的な洋アンティークの新しい催事を目指して立ち上げられました。

本田としても、ステップアップに挑戦したものもあります。ぜひ、見に来て頂きたいです!よろしくお願いします!

小旅 2

小旅

お正月明け早々に中休みを頂いて、直ぐに戻る予定でしたが、止ん事無き事情で一週間も休みとなってしまいました。

大変ご迷惑をお掛けしたと同時に、頑張って働かなくては…!と気持ちは前のめりです。主人と義両親には今回、本当に頼りきってしまって、情けないやら、申し訳ないやら。

岐阜の自宅へ戻り、溜まった家事、雑務もろもろ、店の掃除に発送の手配など今日からは忙しく。

明日土曜から営業再開です。

大阪、広島、愛媛、岡山…

またまた未開の地を訪れ、ちょっと珍しいもの仕入れてきました。

宜しければ遊びに来てくださいね。お待ちしています。

あの人に選ばれた教会の長椅子。時空を超えても、響き合う佇まい。

それから、ゆうちゃん、桃子社長

本当におめでとう。

小旅

アンティーク&ブロカント目白

洋の古いものにこだわりました

目白にて、洋の古いものだけを集めた新しいアンティークフェアが始まります。

記念すべき第一回にお誘いいただきました。

お話を頂戴したのは春、ヨーロッパの買付の直前でした。それに向けて、フランスでは少し背伸びをした仕入れもしました。

やっとお披露目です。

data: 2018年2月3日(土)、4日(日)

place: gallery FUURO

_

アンティーク&ブロカント目白

こくびゃく

こくびゃく展特設サイト

横浜の10wattsにて

chikuni アワヤさんの企画展に参加します。

アワヤさんの世界観の中に身を置く、本田の古物はどう見えるのかが楽しみな企画でもあります。

空間演出はchikuni.

様々なアーティストとの共演は、蓋を開けてみないと分からないこともありますが、1つ言えるのは、アワヤさんの人柄と、作り出すものに惹かれて導かれたヒト、モノたちという事。きっと素敵な空間となるでしょう。

会期中、どこかで在店したいと考えています。関東の方にご挨拶できるのを楽しみにしてます!

そして私はDMデザインを担当しました。

情報面に使ったのは、かつて私が創作していたデカルコマニー。何処にも向かえない20代最後の自分が、何かになりたくてただひたすらに作り続けたもの。

こくびゃく展のDMデザインをとアワヤさんからお話をいただいた時、デカルコマニーを使いたいと考えていました。このために新しく制作しようかとも思っていましたが、あの頃の自分の作り出すものには、私なりに思い入れがあり、きっとたぶん、死ぬまでそう思うのだろうと思っています。

何もかもが不完全な自分。

戻りたいような、二度と知りたくもないような。。

それからここには載せていませんが、表面は黒木康太さんの写真を全面に。とても綺麗なので、ぜひ実物で見て欲しいです。

こくびゃく

伊予の国

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新春、今年の抱負でも述べたいところですが、今日は伊予探訪記とさせていただきます。

本日無事に帰省から戻りまして、明日から本田も初営業致します。

愛媛ではそれなりに仕入れも出来たので、少しずつ並べる予定です。古砥部など、四国のかおりのするものが見つかりました。楽しみにいらしてくださいね!

新居浜の山田社宅もまたまた見てきました。

夏以降、様子はあまり変わっていませんが、取り壊されないかヒヤヒヤしています。平屋の群集地帯は立ち入り禁止で近づけません。

どうかこの場所が遺されることを願います。

古い町並みという事で、西予にある内子や大洲も訪れました。時間が無かったので早足でしたが、もう一度訪れたいと思います。夏には宇和島から山奥まで行こうと計画中!

スタジオジブリ、風立ちぬの美術スタッフが古い町並みのスケッチをしに訪れたと聞きます。景観保護区域となっておりますが、良い意味で手入れされ過ぎず、観光地化され過ぎず、まだ当時の面影を垣間見る事ができます。

何というか、独特でした。

古い町並みが残る場所は各地にたくさんありますが、この西予の雰囲気はどう言い表すのが良いのか…他にはない場所です。松山の道後や、高知の間にあるせいか、イマイチ観光地としては地味な立ち位置です。それが高じて?荒らされていない空気があります。

なのでゆっくりと再訪してみたいと思ったのです。

内子座 1916

奈落も見学できてなかなか面白かったです。

くすりや 商いのようす

洋建築の病院はどうやら現役のようです。

普段、観光は滅多にしない(全部仕事になってしまう…)ので、こういう時間が楽しく、そして有り難かったです。

伊予の国