愛媛に

着きました。今年も無事に帰省

ドライブのおとも

営業は終えたものの、仕事は終わっていません。今日も仕入れ、明日も仕入れ…仕入先がある限り、多分休まず仕入れしているでしょう。

仕入れが命のこの商売。休みはありません。でも、これが一番楽しい。??

今日は愛媛で仕入れでした。ずっと焦がれていたモノにまさかの出会い。何があるか分からないものですね。だから、必死で足で探すしかないのです。

にゃん❣️

愛猫むすびも、7時間の車旅を乗り越え愛媛へ、みんな一緒に年を越せるのがうれしい。。

<<<<<
をパチリ

先日、ある方から嬉しいお言葉をいただいて、まだまだ、ああでもない、こうでもないと彷徨える私たちでしたが、自分の直感を信じて進めばいいのだなと、少しだけ自信が持てたと同時に、やっぱりそうでなくてはならない、と、思いを正したのであります。

大切な友人からは、心に残るメッセージを。じーんとする、営業最後の日。

さぁて、明日は何が見つかるかな?

広告
愛媛に

そして2018

今年最後の営業も終え、なんとか来年に向けて気持ちを切り替えていけそうです。

この一年、様々な出来事がありましたが、支えてくださった皆様のおかげで、こうして締めくくる事ができました。

年末は、そんな自分たちにご褒美のように、美味しいものを戴いて、来年に備えようと思います。

石川の月とピエロさんのシュトーレン

なんて美味しいの!

いつも素敵なお二人。ありがとうございます。

クリスマスは、ネシアンの大野ひろみさんと、マウア デリカテッセンの平野ゆみこちゃんとのユニット、pollo アペリティフボックスを奇跡的にゲット!

ビオロゼワインと共に。グラスは小澄さんが失敗作だといって破棄しようとされたものを必死で止めて、贈っていただいたもの。ロゼがエアツイストに反射して綺麗。

愛しのスーチェ

言わずもがな…

そして円居フルーツサンドは、ヤジマコーヒーと共に。。最強のタッグ!岐阜の誇りです。

企画展中にも、美味しい差し入れをたくさん戴いてしまいました。暖かいお心遣いに、本当に感謝しかありません。

さぁ、がんばらねば!

先ずは二月に、新しい催しが始まります!洋物だけのアンティークが揃います。東京目白で。詳細は後日!

そしてもう1つ、chikuniのアワヤさんのギャラリー、横浜10wattsでの企画展にも参加します。今回のテーマは黒白(こくびゃく)です。

僭越ながら、DMのデザインを担当させていただきました。店との両立が上手くいかず、デザインの仕事は、自分の中で考える事があり、力不足で、悩める事が多いのですが、出来上がるとやっぱり嬉しくて、いつでもあの頃の気持ちに戻るのです。

そして2018

今年も

最後の企画展を無事に終える事ができました。小澄正雄展に、たくさんのご来店誠にありがとうございました。

大変濃厚な師走の初めを過ごす事が出来、夫婦二人で達成感に包まれています。展示中のハイライトがたくさんありすぎて、パンクしそう!です。

初めての小澄さんの個展。ドキドキと、ワクワク。確かな手応え。私たち自身も、そして小澄さんも、次のビジョンを見る事が出来たと感じています。本当に、ものすごーく、楽しかった!!

いつもいつも、来てくださる皆々様。素敵な友人たち。

小澄さんを通して出会えた、素晴らしい方々。

古物を通して、またまた嬉しい出会い。

全ての出会いに感謝です。

好き を信じて

がんばろう

今年も

残り二日

小澄正雄展も、残すところあと二日です。

連日多くの方が訪れ、私たちも毎日良い疲労感に浸っております。美しい硝子に囲まれて過ごす幸せな日々。

氷の結晶、張り詰めた空気。

冬の硝子はますます魅力的です。

遠くの方、近くの方、

年末のご挨拶を、変わらず続けていけますように。

展示はあと二日です。ぜひ、ご覧頂きたいと思います。

あの人に幸福を

残り二日

山奥のクリスマスパーティー

毎年恒例となった、山奥のクリスマスパーティー!

主催は古美術界のルーキー、28の清水ご夫妻です。毎年ながら、豪華な催しで、クイズにプレゼント交換に、オークションに。。

さすが、イギリス仕込みのパーティーピーポゥです!本当におもてなしの心が暖かいお二人。

そして今年も二人の活躍から目が離せませんでした。

パーティーの初めの挨拶では、二人が身近なお客様に感謝を述べるお話でした。いまや、全国(世界!)的に活躍する清水さんですが、山奥のお店のスタイルは変わっていません。そして、常連さんがいるからこそ、山奥のお店を続けていられるという気持ちを伝えてくれました。いつもジョーク交じりに、何でも笑いに変えてしまう清水さんですが、彼らの人を思うきもちは、大きく深く、どんな時も優しい。

あんな風に、なれたらいいなぁ。

来年も、楽しいことがたくさん待っています。置いていかれないように、必死で走らなければ!

Thank you for having me!!

山奥のクリスマスパーティー

小澄正雄展

展示も四日目を過ぎました。

遠方からのお客様も多く、この寒さの中、そして年末の慌ただしい季節に時間を作っていただき本当にありがとうございます。

小澄さんのガラスは玄人好みと言いますか、決して使いやすい普段使いの器とは言えません。繊細で、とても緊張感があります。使いたいけど…と躊躇う方も少なくありませんでした。

日常で気兼ねなく使える器も大好きですが、ゆっくりの時間を過ごすための器もまた格別です。そのための時間を作るのも、大切な事です。

小澄さんは、やはり型吹きガラスが特徴的で、とにかく薄造りです。急冷、急熱は避け、もちろん衝撃には十二分に注意しなくてはなりません。江戸ガラスを思わせる、紙のようなガラス。この薄さしか出せない、輪郭線が現れています。

お料理の方や、和菓子の方、食のプロが使いたいと思わせる極限の儚さ。纏う和ガラスの気配。

小澄正雄展は12月20日まで

(14日木曜休み)

小澄正雄展

冬の硝子

いよいよ明日からです。

小澄正雄さんの硝子展が始まります。

京都、東京とたて続けに大きな個展を終えた小澄さん。嬉しい事ですが、ほとんど完売してしまったため、制作にかなり追い込まれたとお話しています。にもかかわらず、本田用に挑戦していただいたのは、本当に喜ばしい事でした。初披露の作品がいくつかあります!

そしてちょっと変わった過去の作品もお持ちいただいたりと、この展示だけのお楽しみもたくさんあります。

京都や東京の展示をご覧になった方も、また違う楽しみを見つけていただけるはずです。

ぜひ、本田での小澄正雄展をご覧ください!

お待ちしております!

冬の硝子