one day

11月3日は、連休始めということもあり、各地で様々な催しが始まる期間です。本田では、連日お知らせさせていただいている通り、木工家の山本美文さんの個展が始まります。

先ほど作品も届き、いよいよだなと緊張感も増してきました。

併せて、珈琲の古道具もご紹介していきます。どうぞお楽しみに。
そして、初日のみ同じ岐阜市で店を構える矢島明氏(yajima coffee)による喫茶室をお楽しみいただけます。そのためyajima coffee店舗はお休みですので、是非本田で珈琲を味わってください!


そして友人が営むパンと食事のお店 円居では、MITTANさんの衣服展が同日よりスタート!ぜひ併せてご覧いただけたら幸いです。
二店舗ともに友人夫妻の営む、岐阜市には欠かせない店であり、私の自慢の二店です。こんなふうに、関わり合える日がくるなんて、あの頃は想像も出来なかったけど、これはきっと必然なのだろうと感じています。

one day,

先日は女子会のような打ち合わせの際に一人の女性の決心を聞く。ああ、待ってたよ!また岐阜が誇れる地になっていくなぁ。嬉しいなぁ。

数年前、十の日という催しで、3人それぞれに向かっていたあの頃。二人は美味しいという幸せを生み出す人。とても尊敬している女性たち。

広告
one day

カフェ・オ・レの甘い誘惑

El Espiritu de la colmena (1973)

Víctor Erice

11月3日よりはじまる、山本美文展では、古陶のカフェ・オ・レボウルからイメージした、美文さんの木のボウルが届きます。

主人に教えてもらってだいすきな映画の1つになった、ビルトル エリセ監督のミツバチのささやきでも、カフェ・オ・レボウルが登場します。言葉少なく、まっすぐなアナの眼差しに、こちらも釘付けに。忘れてしまった、子供の自分とアナを重ねてしまいます。デジタルリマスター版も出た事によって、近年鑑賞した方も多くいらっしゃると思います。私もその一人。もし、幼き頃にこの映画に出逢えていたら、映像作家を夢見たかもしれません。。とにかく、稚拙な言葉では言い表せない映画であり、深い作品です。未鑑の方はぜひ。

そんな、ミツバチのささやきにもヒントを得て、大切にしているカフェオレボウルの事を思い出しました。

小さなものから大きなものまで、様々なボウルを手にしてきましたが、一昨年の買い付けで出会ったモントローの大きな古手のカフェオレボウルには、二人で静かに感動しました。こんなにも美しい椀なりの形、高台のくびれ、今まで見たどのカフェオレボウルより好きなものでした。(写真右)


しばらく眺めていたいと、手元に残しておいたこのボウル。山本美文さんの手から、木のボウルへと、どんな姿となって見られるのか楽しみです。
美文さんに展示に寄せていただいた、直筆の言葉がとても好きです。


”静かな午後のひととき、

掌から伝わるカフェオレボウルの甘い誘惑とフランスの調べ。

窓辺に射す光と影に消えゆく白漆のマチエール。

美は、それを美しいと感じる人の心に宿るもの

山本美文”

木工家となって来年で30年。とても苦しかった時代のお話もうかがいました。それがあっての今。掌から生み出すという事を、ずっと忘れずに作り続けている。
甘くて苦い、カフェオレは、まるで人生のよう。

カフェ・オ・レの甘い誘惑

足踏みオルガンとカシオトーン


さて、今夜は音楽を奏でる本田サン。一年半ぶりのライブでした。

台風の影響により渋滞で10時間もかかって岐阜へ戻ってきました。メジコレの荷物を降ろしてすぐ、リハが始まります。

本人、相当クタクタの模様。いやぁよく頑張りましたね…

夕食は、演奏の練習をしませんが、ただ、久しぶり過ぎて忘れているので、曲目を決めて音を合わせます。

最後にマヘルのカヴァーをニューヨークから来たザックと共演。夕食がマヘルのカヴァーは初めてしたそう。

家では彼はよくこの曲を弾いています。そのせいで私もこの曲はいつかどこかで聞いて見たいと思っていました。
工藤さんの声と、やっぱり少し似ている。

Maher Shalal Hash Baz

azazel

by 夕食とzach phillips

足踏みオルガンとカシオトーン

嵐 近づく時


台風がじりじりと近づく中、二日間の目白コレクションが無事に終了しました。お越しいただきましたお客様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。

骨董の催事に来るのは初めて、という方も多く、また、本田のwebやInstagramでこの催事を知りました、という方もたくさんいらして、私たちなりに、目白コレクションに出店した役目を果たせたのかなぁと思いました。
東京の骨董催事に出るのは、春のメジコレが初めて。初舞台が目白コレクションなんて、見に余る光栄です。しかし、初めての事ばかりで納得のいく展示が出来ず、悔しい思いもありました。今回は勉強して、その課題も少しは改善されたと感じています。お陰様で、今回は多くの方に立ち寄って頂けました。

泣けるほど嬉しいお言葉を頂戴し、こんな未熟者ながらにも、突き進むために精進せねばと奮起しています。
それもこれも、推薦してくださった古美術28の清水夫妻のお陰です。お二人に恥じないように、私たちも頑張ります。
お礼を言いだしたらきりがありませんが、あの人もあの人もあの人も…みんな来てくれてありがとうございました。本田は幸せ者です。


いつかの🐱ちゃん

ありがとう

嵐 近づく時

レター

メジコレが週末に迫って来ています。正直、、もう超必死です。

主人はメジコレの品物のセレクトと値段付けを。私は山本美文展の案内の発送準備。手紙を書く筆にも力が入ってしまいます。
一言、二言では終わらず、結局それなりの文章を200通書きました。大体同じ内容なら、印刷でいいのでは?と言われるくらい時間もかけてしまいましたが、ここは譲れない私の想い、なのです。

写真を撮り、言葉を選び、モノを見て、人を想う。私はそれを整理し、印刷物を作る。ここまで自分たち二人だけで出来ることが、幸せだと思っています。ダイレクトに気持ちを伝えられるから。

ああ、ペンだこが愛おしい、秋の夜。。

ものづくりをしている人の、どんな事を伝えたいのか。

それを考えると、私は頭が沸騰しそうになります。

産み出す事への責任を、

渡す事への責任を。

これらを忘れられて生まれた物は、何とも可哀想。


掌から生まれる、美文さんの作品に触れると、心がまあるくまあるくなれるのです。本当ですよ。

レター

山の麓


夕食:

本田慶一郎

野網瞬

今尾真琴

久しぶりに、3人の音が鳴る。
音楽は私にとってとても憧れで、尊いもの。生まれ変われたら、私も音楽の人になりたい。
三人ともバラバラ、其々とびきり個性的であるし、ジャンルとか、カテゴライズとかいう言葉が無意味だと感じる。本田は、何の店なのかと言われれば、ざっくり形容できるようなできないような。夕食も同じように思う。そもそも、一言で形容すること自体、とても難しい事なのではないのだろうか。
どんなに忙しくなっても、お金にならなくても、音楽をやめないでほしい。とは、私の勝手な我儘。自分が自分である為に。

山の麓