glass collection


ヨーロッパ、日本の古硝子。

今はとりわけグラスやコップ類が豊富に揃っています。夏だから、という訳ではなく、古いガラスを日常的に使っていただきたいです。手吹きガラスのゆらゆらとした表情、一つ一つの個体差が大きいところや、気泡、鉛の含有量による重さ、など、今のガラス質にはない魅力があります。ウランガラスなども大変人気があったそうです。
今日は日本のガラスをご紹介。

明治大正期のアイスクリームカップです。ほんのり薄紅色。

ヨーロッパのものと並べても違和感がないです。ぐねぐねしていてかわいい。


左 高さ8.5cm(売約済み)、右 高さ9cm


こちらは反対にピシッと端正な出で立ち。

底面がカットされたクリスタルの硝子の盃です。


こちらも手吹きガラス。冷たい玉露などでも合いそうです。古いガラスを気軽に楽しんでいただけたら嬉しいです。 

高さ 7.5cm

毎日暑いですが、世間は三連休という事もあり、ご遠方のお客様に多くお越しいただいて大変嬉しいです。しかし、今日は本当に暑かったですね。この先の梅雨明け、夏本番を目前に、ちょっと引いてます。。店のクーラーまでもアンティーク?なものでして、35度を越すと送風になってしまうのです。もともと付いていたもので、たぶん80年代頃のものかと思います。ちなみに非売品です。(この前初めてクーラーは売っていますかと聞かれまして…)でも見た目はファミコンみたいで気に入っているので、何とか頑張ってほしいなぁ。。

広告
glass collection

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中