早いもので


真夏のような暑さのパリとももうすぐお別れ。

寒さ対策の防寒着ばかり持ってきてしまって失敗。半袖日和が続きました。

今回はスローペースな買付。四月が忙しかったのもあって、無理をせずのんびりな日程にしました。

毎回思いますが、現地に10日程居たからといって、なかなか古いものには出会えません。ものによっては日本の方がたくさんあるかも?と思うほどです。今回はチャレンジとして、中世のものをたくさん見て、そして買いたいものに出会えたらと意気込んで来ましたが、値段という以前に、まずものに出会えません。。まぁ、当たり前です。中世ですから。残りの二日でミラクルが起きる事を願って!

貴婦人と一角獣は何度見ても鼓動が早くなる。


3度目の訪問、中世美術館。


自分用に、と買ったものはだいたい青かった。

青のgarçon tablierは現行品。とても綺麗な古いインディゴ染めのものを仕入れたのでそれは売り物に。また紹介します。プチバトーのシャツと革のがま口、古本は教会のチャリティーマルシェで。

さて、これから梱包します。

広告
早いもので

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中