幼い結晶

宮武史郎展 明日が最終日。

作品を観て、様々な想いを抱く、それぞれの人。

幼い記憶に懐古したり、

哀しい過去がよぎったり、

未来と共に歩んだり。

作品を見て、色んな人が色んな感情を抱いている事は、ごく普通だと思うのです。一方で、美しい、可愛い、恐ろしいと瞬時に誰もが思うものが増えすぎてしまったようにも思えます。

仏様が、穏やかに見えたり、恐ろしく見えたり、微笑み、哀しみ…そんな事に似ているのかもしれません。


作品のエネルギーに優る、人のエネルギー。

広告
幼い結晶

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中