東京、そして京都


四月は二つの素晴らしい舞台に参加させて頂きます。

一つ目は、骨董古美術商の憧れの舞台とも言える目白コレクションに。修行に出た事もなく始めた主人ですが、好きは高じて、たくさんの良い人に恵まれ、支えられてここまでやってこれました。まだまだこれからの自分たちに、このような機会を与えていただき、とても光栄です。初めてなので右も左もわからないのですが、自分にできる事とは何なのか、見つめ直し、無理な背伸びはせず、そして柔軟に。挑みたいと思います。

そして二つ目は、京都ふるどうぐ市。

四年前、ポストに届いた招待状は、まるで結婚式の招待状のように丁寧なものでした。ただ、第一回で前例がなく、どんな方が参加するのかも、どんな方が主催しているのかも分かりませんでした。なので返事はとても迷いました。

立誠小学校の美しさ、活版印刷で丁寧に作られた招待状と、開催者のコンセプト、「古道具屋が選ぶ古道具屋」という言葉に共感し、参加の返信をしました。

その後、京都から突然やってきてくれた主催者の一人、仲平さん。お礼を言いに来てくれたのです。その誠意ある姿に、良い催しになるよう、全力で頑張ろう!と思いました。そして第一回は大盛況に終わり、もし二度目も出られたら、もっと成長して臨みたい!回を重ねるごとにそう思い、挑戦してきました。私たちはふるどうぐ市と共に成長してきたんだと思います。第一回に出た時は、名前も場所も知られていない本田でしたが、次第に、本田さんが見たくて…なんてお声を掛けてもらえるように。

ふるどうぐ市参加者は、ニューウェーブ的な存在の方が多く、皆さん自分だけの価値観を持っているお店ばかりです。誰が何と言おうと、私はコレが好き!と強いメッセージを感じるものがあちこちにあります。今となっては、そのニューウェーブもスタンダードになりつつあるのか、目新しいものを探すことが本当に困難な世の中なんですが、どのお店もとても魅力的なんです。
出店の時はいつも気持ちに余裕が無くて、自分のお買い物も満足にできないのですが、自分がお客さんだったら絶対に楽しい!と思える催しです。
あの美しい立誠小学校での開催も最後となりそう。とても残念です。絶対に最後を見届けてください。

さぁ、目白に京都。どちらもそれぞれの魅力が満載の骨董祭です。必ず来て下さいね!

 

関係のない戯言。本田も少しは名が知られてきたのかしら、なんて思う事もありますが、正直なところ私はちょっと隠れていたい。そんな贅沢なこと言える立場でもないけれど。いや、実際は無名ですけど。

だって深夜番組がゴールデンに昇格すると急に守りに入ってつまらなくなるじゃないですか。そんな感じですよ。

広告
東京、そして京都