Maher Shalal Hash Baz 

    ALL TOMORROW’S PARTIES 2010

    水曜にcd shop songsで行われる「永遠と瞬間」に向けて、店主は連日夜中まで選曲と対談の内容を考えています。ありがたいことに、定員オーバー&キャンセル待ちという満員御礼だそうです。

    彼の音楽は、複雑そうで、単純なような…素人の私が一言で表せるような感じではなく、他にはない、と言えばいいでしょうか。

    今は本田店主としての顔が表となり、〇〇(いくつかのバンド名)の本田くんと呼ばれることも少なくなりました。店を始めたころは、音楽と店が別々の存在のように考えていたようですが、今はようやく、どちらも同じ自分だと思えるそうです。

    彼を通して知った音楽は、一聴で理解できるものは少なく、音と人というもの、そのものを感じられる気がします。特に工藤冬里さんの存在は、何者にも変えられない。
    _

    ご予約いただいた皆様、本当にありがとうございます。

    当日は私たちの親友、円居マナのパンとスープを召し上がっていただきます。彼女にお願いしたのも勿論理由があります。そんな話も当日は聞けるかもしれないですね。

    songs鬼頭さんとの対談も、どんな感じになるのか…!?乞うご期待!

    広告