ゆく年

2016年の営業は無事終了いたしました。多くの方に支えられ、とても濃厚で、密度の高い日々を過ごさせていただきました。ざっと振り返ってみると、ああ楽しかった!と胸を張って言える一年でした。

本田をきっかけに、一人でも岐阜へ来ていただける事があればとても嬉しい事だと願い、じっと待つ時間は長かったですが、出店などは控え、出来るだけ店を開ける事を心掛けてきました。お陰様で、今年は特にご遠方からのお客様が多くみえたと感じています。本当に有難いことですね。
作家さんとのご縁にも恵まれ、実り多き企画展示も行えました。ひとつひとつ、一人一人と向き合う。その対峙の中には、モノと人と、時間と空間と。どの展示会も、たくさん対話ができました。古いもの、新しいもの、私たちが伝えるべき事は何なのかを、少し見出せたと感じています。

春の次朗さん

初夏の宮下さん

秋の清水さんとの蓋物展

そして冬の寒川さん

同じ事を繰り返せない、この探し続ける目の仕事は、とても刺激的で、とても困難です。出逢いは一期一会。だから楽しい。だから苦しい。
私は、この仕事が好きです。

まだまだ知識も経験も浅いけれど、直感を信じ、心に響くものを探しています。夫婦で店を営むのは、想像以上に大変ですが、続ける事ができるように毎日二人で話をしています。それはこの先もずっと、ずっと変わらないでしょう。

webサイトのabout usにある言葉は、移転する前の、路地裏の民家で書いたものです。移転を機に書き換える事も考えましたが、場所は数百メートル離れただけで、想いは同じです。時々あの言葉を自分へ向けて読み直す事があります。ふと思い出し、立ち止まり、また歩き出す。

さぁ来年は、少し背伸びした舞台へ。

個展は三月、宮武史郎 彫刻展から始まります。二年ぶり、二度目の宮武史郎展、ドキドキしています。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。

about us

広告
ゆく年

となり


苦しいと楽しいは隣りあわせ

寂しいと愛しいは隣りあわせ

光と影は、いつも隣りあわせ

.

暖かいイヴの日

Merry Christmas

となり

平面の世界

木口木版  戸次祥子

_
先日、名古屋円頓寺にある、Lights galleryへお邪魔しました。

写真家 泊昭雄さんの展示を観る事ができました。

オーナーのゆかりさんは、とても所作の美しい人で、本田へくるとインスピレーションを掻き立てられるとお話ししてくれました。写真を主としたギャラリーを立ち上げられたその想いは、空間はもちろん、取り上げた作家さんのお人柄もうかがえるような場所となっています。

室内を複雑に反射する自然光が、平面の作品に奥行きを持たせているように見えました。それは、古めかしい本田の空間とは全く違うのですが、大変惹かれ、そして学ばせていただきました。


シリーズ 小舞台

戸次さんは、木口木版で作品を制作されています。初めて作品を見せていただいたときは、繊細な描写が印象的でした。どちらかというと木口木版は細密描写でとても写実的な作品のイメージがありましたが、戸次さんは線の数をおさえ、余白が与えてくれる、イメージのようなものがあるように感じました。

今日、ひとつ作品を持ち帰る事にさせてもらって、それに合う古い額を探そうと思いました。

二人の聡明な女性の、それぞれの世界に触れられて、私はとても良い時間を過ごせました。

平面の世界

first step

兵庫県西宮市の美容室kouの、美容師 久保田誠さんとは、第一回京都ふるどうぐ市で出会いました。

最終日の本当に終わりがけの時間に、ふらりと本田のブースに立ち寄って、謎のオブジェを選んでくれました。素敵な雰囲気で、とても印象的な人でした。それから何度か岐阜の店舗にも来てくださり、久保田さんが美容師である事を知り、出張カットを本田で行いたい、カットの対価は物々交換でしませんか。とご提案いただいて、久保田さんは兵庫から遥々やって来てくれました。

その物々交換会も、今日で四度目。初めて来てもらった日を遡ってみたら、偶然にも昨年の今日でした。

技術への対価を、お金以外でという試みは、様々なことを考えるきっかけとなりました。何かを買うならあの人の店で、とか、あの人の食事が食べたいとか。勤め人だった頃の私には全く考えられなかった事を、店を手伝うようになり、たくさんのお客様や作り手の方々に、そういう大切な事を教えていただきました。

久保田さんにカットしてもらうようになって一年。いつも前髪と毛先だけのカット。もう15年はロングヘアだった私は、切ってもらいたいと思える人が現れたらそうしよう思っていました。

ずっと髪を伸ばしていたのは、髪質だったり、そういう理由もありますが、私のコンプレックスを隠す道具でありました。ズボラな自分を少しでも女らしくみせようとしたり、顔を隠したり。自信がない自分の象徴でした。そんなつまらない呪縛のようなものを、この人にならバッサリとお願いしたいと。久保田さんは、笑顔でバッサリ切ってくれました。

久保田さんに切ってもらえて良かったなぁ。なかなか進めなかった私は、一歩だけ踏み出せたような気がしました。

first step

Blessed day


mado cafeにて行われた、粂夫妻の結婚パーティーへ。

マドのふたりが、粂夫妻の喜ぶ事を全力で考えた、素晴らしく愛に溢れた会となりました。


お料理、引き菓子は、二人の信頼する素晴らしい作り手、ホシズミさんと喫茶タユタウさんから。DOちゃんのウェディングケーキも可愛くておいしかったなぁ。

とびきりのサプライズも大成功で、涙と笑いの絶えない時間。

周りの人たちが、自然と二人のために喜ぶ事をしたくなる。今日は改めて、優しい夫妻の人柄を実感した日でした。

青のリボンを添えて

粂さん、裕ちゃん、本当におめでとう。

Blessed day

What did you forget?


年末らしさは、店ではあまり感じませんが、仕事が終わってから友人と忘年会やらクリスマスパーティやらと理由をつけて楽しい会に参加しています。
今年もお世話になった古美術28での恒例、大クリスマスパーティは、本当に大盛り上がりで、多忙な中準備に勤しんでくれた清水夫妻には感謝感謝です。本当に人が好きな二人。おもてなしにも全力です。


日々変わる冬のひかり。

それから昨夜は、いつものメンバーで女子会。気の知れた仲の友達が少ない私にとって、彼女たちの存在は偉大。真面目な話、くだらない話、、時々こうやって話をして、また前向きになれる気がする。今年もいつの間にかあと少し。過ぎるのが早くてついていけない。


蝋燭:河合 悠 

CANTUS 美しい声と声

What did you forget?

In the usual


旧本田の店舗の隣、大銀杏は遅咲きのようです。

寒川さんの展示も終え、店内はまた空っぽに。本田の冬のセレクトを並べています。

土曜から通常営業。12月はそのまま常設で終えていきます。新入荷いろいろと。


お待ちしております。

In the usual