Laughing children

宮武史郎 木彫

彼の作品が本田にやってきて何年だろう。2年前には個展も行い、私たちにとってそれは大きな出来事でした。

今朝、宮武さんの所属する人形劇団の公演が行われたので、拝見させて頂きました。

あまり一般公演はされておらず、全国の小学校などをまわられています。私たちは子供たちに紛れて、わー!きゃー!と叫んでしまいました。

子供たちのリアクションってすごいなぁ。こんなにもキラキラしているなんて。

宮武さんは、物語の中の一番の悪役。演者の宮武さんは、普段と別人のように見えたり、ふと宮武さんに見えたり。不思議な感覚を行ったり来たりする。最初はツッコミばかりしていた子も、後半にはがんばれー!とか、やったー!とか言って拍手が自然と起こる。

宮武さんの作りだした人形たちが、駆け回って唄って踊る。時には哀しそうに、泣いている。恐ろしく、愛らしい。

やっぱり素晴らしい人だ。

広告
Laughing children