Minority

企画展を見に来てくれた、友人夫妻と閉店後に食事へ。業種は違えど、芯の部分がとても重なる二人。面白おかしく、話は尽きない。

お互い、迷い、悩み、もがきながらも、少しでも前へ進む方法を考えている。

岐阜のこんな小さな店に居ながらも、目まぐるしいと感じてしまう日々の中で、流れていってはいけないと思う事。物事の本質を、見ること。
今までたくさん話はしたけど、この想いを人に話すのは初めて。という話をした。少数派なのだろうけど、正しいか間違いかは分からないけど、違和感を持つことは大切な事かもしれない。日々は、そのまま、流れていくことばかりだろうから。。

心がスッと軽くなった気がした。
梅雨より長い秋雨よ、そろそろ夕焼けを見せておくれ。

広告
Minority