京のゆめ

haruka nakamuraくんの新しいツアーが京都より始まり、そして無事に終演。

このツアーは福岡、そして東京へ続いてゆきます。京都は両日満席御礼。

主人も朗読の大役を務め果たし、胸を撫で下ろした夏休みのはじまり。

ハルカくんをはじめ、ツアーのメンバーのみんなには、たくさんの愛をもらいました。見ていてくれてありがとうと言われたら、もうそれ以上のものはありませんでした。

みらいさんと、るかちゃん。

スタジオ練習から、当日の二日間。リハーサルも通しでずっと見させてもらいました。

私一人の贅沢な時間。

本番は、朗読聴きながらも、ハラハラドキドキしちゃって気が気でないところがありましたが、演奏はその瞬間に産まれていて、感動の嵐。初演の初々しさがあって、二度とない時間に立ち会えたことを嬉しく思いました。

ハルカくんの強い想いが溢れてきて、時々消えそうになるのが怖かったけど、力強く、たくましい彼が戻ってきて、安堵感の中で最後を迎えることが出来ました。

ふと、初めて彼に出会った時のことを思い出したりしました。

素晴らしかった。

ハルカくんおめでとう、そしてこれからも。

夏休み最後は、親戚の集まりに呼ばれて長良川鵜飼を観覧。団塊世代のパワフルなことよ。

みんないつまでも元気でいてね。

広告
京のゆめ

STARDUSTⅡ

友人の、haruka nakamuraくん率いる、新しいツアーの開幕です。

京都、福岡、東京と、たくさんの人に光を見せてくれるでしょう。

なんと主人も、朗読という演者として参加。京都のみの参加ですが、お近くの方、お盆の間京都に見える方、いかがですか?DAY1ならまだお席があるそうです。

お会いできるのを楽しみにしていますね☺︎

2019/8/16()

京都文化博物館

開場日時  17:30 

開演日時  18:30 

終演日時  20:30

写真ははるかくんよりお借りしてます。

京都文化博物館も、とても素晴らしい建物です。音と空間と光、真夏の夜の夢を。

チケットはこちらから!

https://t.livepocket.jp/e/20190816_stardust_day1

STARDUSTⅡ

美しいもの

地元の芸術祭が開催した途端、様々な問題が起こり、一部の展示は中止へ追い込まれたそう。

ネット上ではまさに炎上という雰囲気に。

結局、それを見ることもできなかったので、私が何か意見できる立場でもなく、ただ、この事態となった事はどういうことなのか、色々と考える事へのきっかけにはなっています。

ネットの普及によって、知らない世間の声をダイレクトに知ることができます。

正反対の考え、思想、それの強要…渦巻いている広大な情報の中で、自分はなすすべがなくなる事ばかりです。それは勉強不足によって自らのブレない意見を持てるほど知らないから、だったり。

自分には関係ないとか思ってる、傍観だけの無関心のふりが一番タチが悪いと、学生時代に友人に言われた事もあったっけ。

歴史を学んで、どうこれから生きていくのか。上部の美しさだけを掬い取っていてはいけない。

ヨーロッパから運んできた、心から美しいと思ったものたちは、一緒にいたのは短い時間でしたが、次々と共感する方へ繋いでいけました。

世界の平和を、みんな同じように願っていると信じたいのです

美しいもの

美味しいもの

それはすべてのエネルギー!

今日は素敵な先生にお呼ばれして、ご飯をご馳走になりました。

本田でお買い上げいただいた器を、本当に素敵に使いこなされていて、感激しました。

古いものだけでなく、作家さんの上等な漆器と、現代の量産されているものも、上手く組み合わせていらっしゃいました。

イギリスやフランスのアンティークで統一すれば、テーブルはそれなりにまとまりますが、現代ものや染付けの古伊万里などをミックスさせてセンス良く魅せるのは上級者のテクニックです。

そしてお料理は…!

ひと手間、ふた手間、それが一段と美味しく変身させる。

手に入りやすい食材ばかりなのに、美味しくて優しくて満足度の高いものばかり!

夏での調理に気をつけることなど、いろんな知恵も教わって、終始感激、大変勉強になりました。

角偉三郎さんの漆器とバカラ

心も体も満たされた休日でした…

先生は、私の母より歳上なのですが、常に食材を眺めては美味しくて身体に優しいものをずっと考えていて、とてもエネルギッシュ。本当に素晴らしいなぁと感動しました。それでいて肩に力が入っていない、ごく普通のお料理なのです。

母は、料理は上手でしたがとにかく偏食だったので、私は家を出るまで食べたことの無い食材がたくさんありました。もちろん今のように、海外の食材がどこでも手に入る時代では無かったのもありますが、乳製品も、癖のあるスパイスや香草などは母が大の苦手で、我が家の食卓には並びませんでした。

パクチーやセロリを食べた時に、なんて美味しいの!と大人になって気がついたのです。知らずに終わらなくてああ良かった〜

そして我が家の食卓では、お肉を控えてソイミートを使っています。

お肉を食べない主義という訳ではないのですが、自宅では出来るだけ豚と牛は控えたいなと主人に相談したら二つ返事で了承してくれたので嬉しかったです。初めて一ヶ月、実家に久しぶりに夜ご飯を呼ばれたら焼肉で、欲求不満だったのか、いつもよりたくさん食べてしまいました…笑

まぁ、体が食べたいものを素直に受け入れるのが健康的ですね。

それにしても最近のソイミート、クセもなくて美味しいんですね!びっくり。肉を使わないと、調理道具もさっと洗って終わるし、楽チン!ですよ。うーん、大豆って偉大!

美味しいもの

サングリア!

梅雨、台風明けましたね。

長雨でしたが、やっぱり夏は来るのですね。

暑い中、昨日はコンテナ着後の営業でした。たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。家具類はまだ出せずでしたが、ちょっと体積の大きなものたち、普段使いのうつわ、ガラス、ガラクタなど…一斉に並べました。

またぼちぼちご紹介していきますね。

暑い日は、食べることと、仕事終わりのお酒のことばかり考えてしまいます。私の夏のオススメはサングリアです。

二十代前半、あの頃はまだ少なかったスペインバルに初めて連れて行ってもらって、ニンジンのサラダとサングリアという物にどれだけ感動したことか!

庭のミントや収穫したブルーベリーも入れて、明るいうちから飲みながらアペロを作るのが理想!赤ワインちょっと重いなという夏にはコレですよ。スペインではハーブのお酒を夏に飲む事が多いとか。いろんなもの、試してみたいなぁ。

色の綺麗なリキュールが映えそうなガラスがたくさん届いています。

サングリアも、シャーベットも良さそう。

この19世紀末から20世紀、量産にはいるころの手吹きガラスはデザインが豊富で楽しいです。買い付けのたびに、新しいものに出会えます。

ほどよい緊張感で使い勝手も良い、頼もしいうつわです。

店内の什器も替えて、ライティングも替えて。

仕事おわりのワインを楽しみに、明日もがんばるぞ!

サングリア!

春のコンテナ到着しました!

店舗は、商品メンテナンスと設営のため、日曜日から営業と致します。宜しくお願いします。

二ヶ月ぶりに再会した買い付けたものたち。暑さの疲れも吹き飛びました。

自分たちが現地で感動して選んできたものですから、欧州仕入れのものは特別思い入れがあります。

ああ、これはあそこで…あのおじいさんから…と、色々思い出されます。

一番心配していた、カビなどは一切なく、ホッ。こういう問題はいつもつきものです。

倉庫を何往復かして、少し荷ほどき。私が特に気に入ったこの飾り棚とも久しぶりのご対面!やっぱり、素敵な棚。

なかなか現地でも古手の家具に出会えませんが、今回も少しだけ持ち帰る事ができました。

まずは小物類から、日曜日はお出しします。

梅雨明けで暑くなりそうですが、お待ちしております!

春のコンテナ到着しました!